苫米地英人認定コーチ 谷口元浩

苫米地式コーチングを実生活に落とし込んで得た気付き・発見・変化の体感をシェアします。

本を早く読む 思い込みパワー

本を早く読むトレーニングの最初の段階で「実際に読む速度を上げる」という方法があります。

 

私は本を読むときはある程度時間に余裕を持っている事が多いので、速読練習として読んでいない時はついつい、自分の心地よいペースで本を読んでいます。

 

全然悪いことじゃないですが、なるべく多くの本を読みたいとも思っています。

 

普段から本を早く読むクセを根付かせたいなと思って最近やっているのが、「あしたその本を売ると思って読む」という単純な方法です。

 

数冊の本を明日必ず売るので今日しか読むチャンスがないと思い込んでしまえば、「今日中に読みきらねば!」と思って読書スピードがアップします。

 

地味ながらなかなか使える方法です。

 

実はこの「思い込みの力」を最近いろんな事に流用しています。

 

ダイエットにも流用して、「自分の胃袋が小さくなった」と思い込む方法をとっています。これで4日で1kg減しています(笑

 

しかもご飯を食べている途中に「あ、私の胃袋ちいさいんだよなぁ」と突然意識に上がってくる。これが意識にあがってくると、食べるスピードも落ちてくるし、なんとなくまだ食べたいな…という気持ちも沸かなくなっています。

もうすぐ10日ですがなかなか順調。

 

思い込む力がついてくると、自分の基準を書き換えることがかなり容易くなってきます。

脳は面白いですね。