苫米地英人認定コーチ 谷口元浩

苫米地式コーチングを実生活に落とし込んで得た気付き・発見・変化の体感をシェアします。

日々 心身を整える

イチローは毎日の練習前に体をほぐすための独自のウォームアップメニューがあるそうです。そのメニューをこなすあたっては、開始時間から終了時間までのタイムスケジュールがほぼズレ無く進むそうで、チームメイトはイチローの姿を見て時計代わりに出来るほどだそうです。


その記事を見た時、イチローにとってそのウォームアップメニューは儀式的な意味合いもあるのではないかなと思いました。

 

儀式というと怪しい響きですが、ここでは儀式の目的を心身の調整と考えています。

 

日本人が体験できるメジャーな儀式では、七五三、厄祓い、お祓いなどがあります。神社の拝殿で儀式を受けて「しゃんしゃん」とやられると、なぜか心身が洗われる気がします。

もう一つの身近な例としてはスポーツ選手の験担ぎ行為も儀式と言えますが、それは勝負事に臨むにあたって適切なマインドを降ろす(武装する)行為と言えそうです。

 

つまるところ心身の調整です。

 

それらのように、毎日ゴールに向けて活動するにあたっての自分なりの調整方法を作っておこうという狙いです。

毎日続けるていると、自分の心身状態の差異(異常)にも気づけるようになってきます。気づくから調整が可能なんだと感じています。

 

朝の5分10分で「座禅+軽い柔軟メニュー」でも良いと思いますよ。

 

 

ここで言う儀式のことを習慣とも言えそうでしたが、習慣だとパッシブなイメージが強いので少し合わない気がしました。能動的に意識に上げて行うから調整に繋がっていると感じています。