苫米地英人認定コーチ 谷口元浩

苫米地式コーチングを実生活に落とし込んで得た気付き・発見・変化の体感をシェアします。

会話中の小さなつまづきの原因を探る

 

谷口です、こんばんは。

  

人に何かを説明する時、

詳しく伝えよう、分かりやすく伝えようと思って言葉を増やすと、逆に伝わらない事がありますよね。

 

だいたい自分が意図してない部分に相手の注意が向いてしまうんですが、この原因は何だと掘り下げてみると、相手の『状況』を踏まえて増やす言葉を選ばなかった事にあるのではという思い至りました。

(聞き手と話し手の間で伝達に問題が出た場合、それは話し手の責任という前提)

 

じゃあそれを防ぐには相手の状況をしっかりトレースしておくことが必要で、どういう情報の重要度を上げれば上手くいくだろうかという仮説も見えてきました。

 

これは会話の極意に繋がる道じゃないかとちょっとワクワク。

 

 

実践と研究が完了したら纏めようかな。