苫米地英人認定コーチ 谷口元浩

苫米地式コーチングを実生活に落とし込んで得た気付き・発見・変化の体感をシェアします。

スコトーマを見つけるために

 

コーチング以外の場面でもスコトーマを見つけることは問題解決に役立ちます。


2月から継続している企業サポートではコーチングと具体的な課題解決の両方を行っていますが、メンバーと問題の話し合いを行う中でも気をつけているのはスコトーマの発見です。


具体的な課題や行き詰まりを解決するために話し合いをしている場合などでは、明確な言葉が返ってくる部分と、輪郭のはっきりしないぼんやりした言葉が返ってくる部分があったりします。

 

このようなぼんやりした部分もおそらくスコトーマの一つで、ひとりで掘り下げるのはなかなか難しいことだったりします

 

そんな場所を2人で探っていくと問題解決の糸口が出てきます。

 

 

しかし状況は千差万別なので見つけやすいスコトーマばかりでもありません。

 

なので相手のどこに、どのように潜んでいるかわからないスコトーマを見つけるために、一にも二にも重視しているのはリラックスすることと自分の先入観を捨てることです。

 

人間とは不思議なもので、体の緊張を解けばも心もリラックスしやすくなるという相互関係にあります。

 

 

 f:id:t-coaching:20150511231032j:plain

「見えすぎて風景と化す盲点」とも解釈できそうな画像。