苫米地英人認定コーチ 谷口元浩

苫米地式コーチングを実生活に落とし込んで得た気付き・発見・変化の体感をシェアします。

意味のあるなし

 

 物事に直面して「これをやっても意味は無い」という考えを持つことは普通にある。

 

しかし実際にやってみると意味があった。

意味を見つけたと言ったほうが正しいか。

 

自分の考えを止めて状況を見渡してみると、そこから意味が立ち上がってくる。


これまでの人生を振り返ってみると「やっても意味が無い」という考えを持った時というのは、たいてい自分がやりたくなかったときかもしれない。


今後、「これは意味ないな」というセルフトークはチェック対象にしよう。

・どれだけの知識を持って判断しているのか

・やりたくないだけじゃないのか

この2つを自問自答する。

 

もちろん毎日寿命は減っていくので、ゴールをもとにした優先順位がある。

 

 

物事の意味や経験というのは自分の信念次第であったり無かったりする、まさに「空」だ。

 

こういう概念は本当に体に染みこむまで、経験を積むのみ。