苫米地英人認定コーチ 谷口元浩

苫米地式コーチングを実生活に落とし込んで得た気付き・発見・変化の体感をシェアします。

個人セッションと1/2成人式

 

 今日は午前中、新宿のルノアールにて新しくコーチングに興味を持たれた方との基礎セッション2.5時間。

 

ルノアールの小さなテーブルで

f:id:t-coaching:20150303221343j:plain

 

 

かなり濃い時間になりました。

 

はじめてコーチングに興味を持つ方の場合、半信半疑な気持ちももちろんあったりしますが、そういう気持ちもすべて引き受けた上のセッションの結果、自分の可能性に気付いてもらえるのは、こちらとしても楽しくて嬉しい。

 

世の中をまた少しポジティブにしちゃったな~という感じ。

 

 

さらにルノアールの中で5~6年ぶりの人物と偶然の遭遇。

面白いものです。

 

 


セッションが終わった後は東高円寺に戻って次男の迎えに行き、そのまま長男の学校行事「1/2成人式」に出席しました。

 


1/2成人式は二十歳の自分に向けてメッセージをスピーチで送る会でした。

 


長男のスピーチ

十年後の自分へ

なあ、元気してるか?
生活は安定してる?
つらい?
たのしい?
どんな生活をしてても
幸せに生きててくれよな。

 

子供の教育にPX2を取り入れてから、こちらから何かを働きかけなくても息子らの感受性はどんどん上がっているように感じてます。

 


今日のスピーチを聞いて、改めて長男のやりたいようにさせるのが一番だと確信しました。

 


数日前、長男がこんなことを言っています。

 

やっぱさ、
意思があるってことが生きてるってことだよね。

 

10歳にしてこんな言葉が出るとは、確実に当時の私を超えている。

この先どんな成長を見せてくれるんだろうか。

 

 

 

これは次男が描いたひな祭り人形の顔

f:id:t-coaching:20150303221745j:plain

 

 

 

ということで今日は息子らと3人で風呂に入りました。

 

次男が風呂用おもちゃで私の頭にお湯を掛けてくるので目をつぶってじっとしていると、

 

「あ、いまのとうちゃんの顔バラ色ダンディーの教授の人に似てる」と長男が言いました。


私 :ああ、博士ね。博士に似てるって言ったら父ちゃんは喜ぶぞ。

 

私 :あの博士はねー、人間はみんなやりたい事やったほうがいいよーって言ってる人なんだよ。

 

長男:へえー。

次男:やったー!じゃあゲームいっぱいできる~!

 

私 :ゲームは勉強いっぱいやった分だけ、いっぱいできるぞ。

次男:えー、博士がそうやって言ってたの?

 

私 :…まあな。


次男も成長してますな。

 

 

あと風呂上がりに鏡を見てみたけど特に博士に似てませんでした。

ぐうぜん髪型がオールバックの真ん中分けになってたのかな。