苫米地英人認定コーチ 谷口元浩

苫米地式コーチングを実生活に落とし込んで得た気付き・発見・変化の体感をシェアします。

セルフコーチングの基礎

セルフコーチングの基礎9 アファメーション

本日から新たなコーチングを開始しました。 ある企業のマーケティンググループ内での、3ヶ月間のコーチングです。 この件に対する私のセルフコーチングは、まさにアファメーションです。 アファメーションはゴールイメージに基いて、イメージの詳細を書き出…

セルフコーチングの基礎8 なぜゴール設定が最初なのか

自分を変えていくためにはセルフトークとアファメーションが有効で、アファメーションを作るためにはゴール設定が必要でした。 今回はなぜゴール設定が必要なのかを詳しく見てみます。 ゴールを決めることの効果 ゴールが決まっていれば、ゴールにとって必要…

セルフコーチングの基礎7 セルフ・トークとエフィカシー2

セルフ・トークで起こること セルフ・トークは自分が使っている言語でできています。 人は言葉に触れると自然とそれをイメージします。 オレンジジュース という文字を見ると、それがどんなものだったか過去の記憶が自然と引き出されます。 逆に全く知らない…

セルフコーチングの基礎6 セルフ・トークとエフィカシー1

セルフ・トークとは言葉の通り、「独り言」です。 私達が何気なく考えている心のなかの言葉や、「腹減ったな」とか「うわやっちゃった」とか、内省的なリアクションのすべてをセルフ・トークと言います。 たまに声に出ている人もいます。 自然と出てくる言葉…

セルフコーチングの基礎5 ホメオスタシス

コンフォートゾーンに戻ろうとするチカラの出どころがホメオスタシスでした。 変化を打ち消すホメオスタシス ウィキペディアより 恒常性の保たれる範囲は体温や血圧、体液の浸透圧やpHなどをはじめ病原微生物やウイルスといった異物(非自己)の排除、創傷の…

セルフコーチングの基礎4 コンフォートゾーン

前回のつづき。 人格に基づくRASの働きにより、人はみなスパイラルの中にいるとは言え、人は生きているといろんな情報に接するので、サラリーで満足なBさんだって事業ネタを見つけることはあるはずです。 極端に言えば、営業マンに目の前でプレゼンされ…

セルフコーチングの基礎3 人格に基づくRASの働き

前回は普段の生活レベルまででRASがどのように機能するのかを見てきました。 今回は人間のおおもととなる人格(性格)に基いて働くRASの働きについて見てみましょう。 まず人格はどうやって出来上がるのかと言うと、大雑把に言うと人生経験ですね。 今…

セルフコーチングの基礎2 RASとスコトーマ

前回は、人間の活動はすべて脳内の神経ネットワークの発火によって起きていることを学びました。 そして神経ネットワークは新しくつくり上げることができました。 視点を上げて考えてみると、人の性格というのも結局は脳神経の繋がり方によって出来上がって…

セルフコーチングの基礎1 脳内の出来事

3日前からなんとなく左手に箸を持って夕飯をたべてます。 すると3日目で急に上達しました。 箸の扱いが安定し、野菜をつまむのもスムーズになってます。 運動・勉強・仕事・遊びのなんにでも共通しますが、ある時から突然上達したという経験があると思いま…